くらすかたち あたらしいと、なつかしいがつながる暮らし

旅行の朝ごはんはどうしてあんなに美味しいのか?

暮らすかたち
2020.10.09
旅行の朝ごはん

旅行の朝ごはんはどうしてあんなに美味しいのか、いつも不思議に思う

大人になっても楽しみなのは変わらない

旅行に行くと、朝ごはんが待ち遠しい。
幼いころからそうであった。

旅行のわたしの朝は早い。
歯を磨き、着替えを終えてスタンバイOK。
いまかいまかと朝食を待つ。
「ごはんまだー?」と母に聞いてみれば、
「まだまだ早いよー」と笑って返ってくるのがいつものパターン。

ふだんなら朝寝坊で布団からなかなか出られないのに、
旅先では朝からテンションが違う。

母に促されてカーテンを開け、カラカラカラーと窓を全開にし、
すこし肌寒いけど、木と土と水の清々しい匂いをからだいっぱいに吸い込む。

木々の隙間から目に飛び込んでくる朝日。
いつもよりもキラキラと輝いて、その眩しさに目を細めながら
頬に伝わる太陽の温度を確かめてみた。

「そろそろお父さんとお兄ちゃん起こしてきてね。」
いつものようにパタパタと化粧を始めた母からわたしに命令が下り、
布団にくるまる二人の上にダイブする。

「朝だよー!おっきろー!」
けっきょくなかなか起きない二人の布団をつかみとり強制的に起床。
「もう降参。」と父と兄は目をこすりながらはだけた浴衣姿で洗面所へ向かった。
「旅行ではいつもだね。」と微笑む母に
「とっくに仕度を済ませているわたしのほうが偉いでしょ?」
と目配せしてみせた。

すると。

待ってましたのひと言

「朝食をお持ししました~」
ふすまの向こうから仲居さんの1オクターブ高い声が聞こえた。

待ってましたと大はしゃぎしたい気持ちを抑え、
「おはようございます」と行儀のいいお客様のふりをした。

それでもにんまりが止まらない。
だって仲居さんの笑顔に「おなか空いたでしょう。いっぱい食べてね」が込められていたのだ。

そして仲居さんのすぐ後を追って入ってくるのがたくさんの香り、香り、香り!

パチパチする炭火で焼いた魚の香ばしさ。
ワカメと豆腐の入った濃厚でほろ苦いお味噌汁の香り。
玉子焼きからは何層にも巻かれた黄色いスイーツのような甘い香りが。
そして磯の香りと交じる甘じょっぱい味のりの風味。
みずみずしいお新香と、ねばねば納豆。

手際よくおかずたちが配膳され、いよいよ主役が登場する。

「たくさん食べてくださいね~」
そう言って、仲居さんはおひつを母の横に置き部屋を出ていった。

もう、もう待ちきれない!

おひつの蓋をあけると湯気とともに艶やかなごはんがジャジャーンと現れ、
甘く温かい香りが部屋いっぱいに広がった。

まるで玉手箱。浦島太郎はそれを開けてしわくちゃのおじいさんになってしまったけど、これは違う。

おひつから母がしゃもじでほわりほわりと優しくかき混ぜ、お茶碗によそう

母がしゃもじでほわりほわりと優しくかき混ぜ、みんなに受け渡す。
茶碗に盛られるとホカホカと蒸気が立って、お米はいっそう輝いて見えた。

すべてが揃い皆で手を合わせる。
「いただきます!」
「ほらぁ、ゆっくり食べなさいよ~」
母の声も聞き流し、ふかふかの干したての布団のような柔らかいごはんを口いっぱいに頬ばった。
入れすぎではふはふする顔をみて「言わんこっちゃない」と呆れて笑う母。

朝ごはんを食べながら1日の予定をみんなで確認すれば
「わーい!やったー!イェイイェイ♪」
うれしくて口の中にごはんを頬ばりながら喜びの舞。
3人が口をそろえてひと言、
「座って食べな!」
まるでコントのようなやりとりも旅の思い出のひとつだった。

あっという間の完食。

おひつに用意されたごはんはいつも家で炊く量よりも、
それははるかに多いはずなのに、あっという間になくなってしまった。

旅行になるとおかわりが進むのは本当に不思議である。

少し苦めだろうなと思わせる深緑の緑茶をすすり、
「ふうー、食べた、食べた。」とお腹をさすって父の真似ごとをしてみた。

そしてまた手を合わせて、
「ご馳走さまでした、ふうー。」

旅行の朝ごはんは、どうしてこんなに美味しいのだろう。

伝え手 おーご