くらすかたち あたらしいと、なつかしいがつながる暮らし

暮らすかたち
2021.01.20

最近のサツマイモったら焼き芋にすると、まるでスイーツみたいですね。

おーご
伝え手 おーご

ストウブで焼き芋

ストーブの、オレンジ色の灯りは体だけでなく心も温まります。
寒いのは苦手ですが、嫌いじゃありません。寒いときの過ごし方を考えるとなんだかわくわくしますね。

コロナストーブとストウブ

ストーブの上には、乾燥して少し甘みが増したさつまいもをお鍋に入れて自家製の焼き芋を楽しみましょう。
ねっとりと甘いさつまいもをハフハフしながら食べるのがこの時期の醍醐味ですね。

そういえば子供の頃、冬になると「い~しや~きいも~♪焼き芋~♪」と石焼き芋屋さんの歌声が響いていたのを思い出します。
いまでは石焼き芋機械がスーパーに置いてあって通年で買えるようになりました。流れている愉快でポップな曲を聞くと、思わずつられて口ずさんでしまうんですよ。

でき上がるまでもう少しの辛抱。甘酒をすすりながらストーブの揺らめく炎を見つめて待つとしましょう。

茨城県産 紅はるか

今回は加熱すると蜜がとろ~りと流れ出る茨城名産「紅はるか」なので、鉄鍋に入れて少し蒸し焼きに。

ストウブで焼き芋 クッキングペーパー
1.クッキングペーパーを敷いてお水を少々。

2.蓋をしてしてストーブに乗せてあとは待つだけ。たまにひっくり返します。

3.部屋中に甘~い香りが充満したらもうすぐできあがり。

ストウブで焼き芋
4.最後にクッキングペーパーを外して焦げ目をつける。蜜ですぐに焦げるのね。